盗作問題で負う民事責任

2015.6.15|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

パソコンの普及から、インターネットを利用することも広く行われるようになり、非常に便利な時代になりますが、その一方では著作物などに対する問題が浮上しています。いわゆる盗作問題なども挙げることができますが、権利を持っている方が侵害されてしまった場合では、インターネット上の問題であればサイトを運営管理している側に掲載の取り消し請求を行うことが先決になります。被害を最小限に抑制することが必要とされており、この点に関しては初めの行動として必要とされています。その後は弁護士などに相談を行うことも必要なケースもあり、利害関係が発生している状況では、損害賠償請求を行うことが可能とされています。例えば明白になる部分としては、創作物などが無断利用されてしまい、本来はネット上で販売を行っていたならば、ダウンロードなどが行われた事実などを明確にすることによって、損害額を算出することも可能とされています。基本的には本来得ることができた利益に関してはその全てを請求することも可能とされており、盗作問題の場合では民事責任を負うことになります。現在では権利者の知らない部分で行われている違法行為も存在しており、社会的に問題視されている部分になります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。