盗作に合わないための注意喚起と対策

2015.6.15|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

インターネットの世界では、多数の情報が掲載されているので便利に使える反面、サイトから無断でコピー&ペーストを行う行為が後を絶ちません。
こうならないためには、無断転載お断りという記述を掲載しておくだけで注意喚起になります。
しかし、それだけでは完全にコピー&ペーストが無くなる訳ではありませんので、その他にも、右クリックをしてコピーが出来ないようにすることも出来ます。
コピーしたい部分をドラッグすることも出来なくしてしまう対策もあります。
また、無断転載を断る内容を英語で掲載する場合には、「Please do not reprint this work without permission.」と記述しておきます。
これは、「無断転載をしないで下さい。」という文章になります。
企業や会社、個人でも入念に制作しているホームページやブログを勝手に無断転載されてしまうことは、その価値までも勝手に引用されてしまうので、場合に寄っては損失すら出て来ることもあります。
このような行為は盗作になりますので、本来、許されない行為です。
ですから、出来るだけそういった被害に遭わないためにも、これらの注意喚起を行い対策を講じて行きましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。